SBI証券Vポイントサービスへの変更手続き方法を徹底解説!

SBI証券で三井住友カードのVポイントを利用して投資信託の買付が可能となりました。Vポイントで投資信託を買い付ける場合、三井住友カードのホームページでSBI証券とVポイントサービスの連携手続きを行う必要があります。今回はSBI証券Vポイントサービスの手続き方法を解説します。

VポイントでSBI証券取扱の投資信託の買付が可能に

出典:https://www.smbc-card.com/

SBI証券では、三井住友カードとの提携により2022年6月よりVポイントを利用した投資信託の買付が可能となりました。元々は、2021年7月より三井住友カードを利用して投資信託を買付を行うクレカ投信を提供していましたが、1年遅れとはなりましたが、Vポイントを使った投信買付も可能となりました。

Vポイントを利用した投信買付は、1ポイント1円で投資信託の買付が可能で、ポイントを使用する場合は金額買付を指定する必要があります。

ポイントを投資信託の買付に利用することで、ポイントの有効期限切れによる無駄を解消できる他、現金還元のみならず運用が上手くいくとより多くの資金を増やすことが期待できます。

今回Vポイントを利用して投資信託の買付ができるのは、三井住友カードを仲介してSBI証券の口座を解説した方、及び、SBI証券のVポイントサービスへの変更手続きを行う必要があります。

SBI証券公式サイト



三井住友カードのホームページよりVポイントコースへ変更

SBI証券では現在、TポイントやPonta、dポイントなど複数のポイント付与に対応していますが、Vポイントを利用した投資信託の買付を利用したい場合は、Vポイントコースに変更する必要があります。Vポイントコースへの変更は、SBI証券のホームページからは手続きはできず、三井住友カードのホームページより手続きが必要となります。

以下のサイトにアクセスし、「「Vポイント」が貯まる・使えるコースに変更する」を押下します。
https://www.smbc-card.com/mem/for_sbi/sbi_vpoint/index.jsp

手続方法と留意事項が記載されていますので一読します。既にSBI証券で他の共通ポイントサービスを登録している場合、Vポイントコースに変更すると、他の共通ポイントは付与されなくなりますので注意が必要です。

お手続き方法、コース変更に関するご留意事項をすべて確認しましたのチェックボックスを選択後、「コース変更のお申し込みへ進む」を押下します。



SBI証券のホームページより仲介口座への申し込み手続きを行う

三井住友カードのホームページからSBI証券のホームページが開きますので、金融商品仲介業者の変更手続きを行います。

規約などの事項を一読後、「上記規約等を確認しました」のチェックボックスを選択し、SBI証券の取引パスワードを入力し、「上記に同意して続ける」を押下します。

内容を確認し「申込む」ボタンを押下します。

お申し込みが完了しましたのページに遷移すると、無事に手続きが完了です。



SBI証券のホームページよりVポイントに変更

手続き完了後、仲介口座として反映するまで1~2営業日程度の時間を要します。無事に仲介口座としてVポイントコースに変更が完了すると、SBI証券にログイン後、SBI証券の横に三井住友カードのロゴも掲載されますので合わせて確認しておきます。また、合わせてお知らせに「仲介口座変更の手続き完了のお知らせ」が届いていますので合わせて確認しておきます。

続いて、「お客さま情報 設定・変更」→「ポイント・外部ID連携」のポイントサービスで「Vポイント」への設定変更を行います。SBI証券ポイントサービスの項目より「メインポイント設定」を押下します。

設定可能なポイントにおいてVポイントの「利用を開始する」を押下します。

各種規約などを確認します。

確認後、「上記の内容を確認し同意いたしました」のチェックボックスを選択します。取引パスワードを入力後、「同意してVpass認証する」を押下します。

三井住友カードのVpassIDとパスワードでログインします。

対象のクレジットカードを選択し「次へ進む」を押下します。

お客様情報の取扱について記載されていますので一読後「同意する」を押下します。

手続きが完了後、「Vポイントサービスの利用登録が完了しました」を記載されます。

SBI証券ポイントサービスの項目において、メインポイントが「Vポイント」が選択されていることを確認して終了です。

SBI証券の詳細及び口座開設は以下よりお願い致します。

SBI証券公式サイト



関連記事

証券口座の一般口座と特定口座の違いは何か?口座の違いについて徹底解説

サクソバンク証券で欧州株の議決権行使が可能!議決権行使サービスの詳細を解説

ネット証券4社における中国株の取扱銘柄数と売買手数料を徹底比較!

英国発のネット証券会社「IG証券」のサービス概要を徹底解説

松井証券が米国株の取扱開始!取引手数料と取扱銘柄を紹介

外国株に投資を検討されている方へ、サクソバンク証券の口座開設手順を解説